漫画バンク(漫画bank)が摘発され!閉鎖した原因か?違法漫画サイトをまとめて解説

| 掲載日 Oct 27, 2022| 5 分間の閲覧
本記事では、漫画バンクが摘発された経緯、閉鎖された理由について解説していきます。漫画バンクが閉鎖されたけど、ほかには似ている違法サイトも存在していて、アクセスするだけで犯罪にはならないけど、いろんな危険性が潜んでいるためご利用はぜひおやめください。そのようなサイトをまとめる上に、ご利用できる合法的なサイトもご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

会員登録を必要とせず、『ワンピース』、『呪術廻戦』、『進撃の巨人』、『鬼滅の刃』などのような人気漫画が完全無料で読めるサイト漫画バンク(漫画BANK)は、多くの方に利用されたかと思いますが、実はその実態は無断で漫画をアップロードしている海賊版の違法サイトです。2021年11月にサイトが閉鎖され、また、2022年3月に完全にサイトが消去され、さらに、2022年7月に行政処罰が、運営者に対して下されました。

「漫画バンク(漫画BANK)はなぜ閉鎖されたのか」

「運営者は日本語もわからない中国人だと聞いたけど、本当なの」

「漫画バンクのような違法サイトはほかにもある?代わりの合法サイト知りたいけど」

と上のような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

本記事では、漫画バンクが摘発された経緯、閉鎖された理由について解説していきます。漫画バンクが閉鎖されたけど、ほかには似ている違法サイトも存在していて、アクセスするだけで犯罪にはならないけど、いろんな危険性が潜んでいるためご利用はぜひおやめください。そのようなサイトをまとめる上に、ご利用できる合法的なサイトもご紹介いたしますので、ぜひ最後までご覧ください。

漫画バンク(漫画bank)摘発の舞台裏は中国?

これまで10億近いアクセスを集めた巨大海賊版サイト「漫画BANK」を運営していた人物が中国で摘発されたこと、7月14日にCODA(コンテンツ海外流通促進機構)の外部リンクからの発表(外部リンク)によって明らかになりました。

また、7月19日放送のNHK『クローズアップ現代』(後7:30)では、運営者の追跡調査に半年間密着した特集回が放送され、その舞台裏が明かされる。

番組は「半年前から、著作権団体を中心に弁護士など海賊版対策のスペシャリストによって結成されたデジタルGメンの調査に密着」したという。彼らの正式名称はCODA(コンテンツ海外流通促進機構)。最初から足がかりにしたのが漫画BANKがデータを保管する通信会社だったので、Gメンたちは運営者の住所や名前などの情報を明らかにするよう通信会社に求めたのです。1ヶ月後、得られた回答はなんと中国の重慶でした。

運営者の居住地は海外だったため、中国の弁護士たちと連携し、現地当局に直接働きかけてもらいました。いろいろな努力の結果、中国当局の事情聴取から3ヶ月後、ついに摘発され、中国運営者に行政処罰を課しました。情報ネットワーク伝達権保護条例の違反で、運営者の男性に1万6409.52元(約33万円)の犯罪収益没収を加えて、合計3万元(約60万円)の罰金がかせられる。

クロ現の取材ノートによりますと、「漫画BANK」摘発に関して以下のことがわかりました。

2021年12月運営者が中国の重慶の男性とわかった。

2022年3月サイトは完全に閉鎖。

ネット広告によって利益を得ていたとみられるが、その広告収入の流れはわからないまま。

漫画バンク(漫画BANK)が今や閉鎖した?後継サイトの現状は?

2019年に開設し、2021年11月に閉鎖された漫画バンク(漫画BANK)は、実は代わりの後継サイトいくつが存在しています。閉鎖されたものの、名前やアドレスを変えるだけで、復活しては閉鎖するといった流れが繰り返えされています。

代わりの後継サイトと転生の流れについて下のようにまとめました。

2021年11月4日 漫画BANK(漫画バンク)閉鎖 →

2021年11月9日Combay(漫画ベイ)開設

2021年11月21日 Combay(漫画ベイ)閉鎖  →

2021年12月7日Fbay(エフベイ)開設

2022年1月23日  Fbay(エフベイ)  閉鎖  →

2022年1月23日 漫画PLAY   開設

2022年3月14日  漫画PLAY → 2CC移行

2022年3月18日 2CC  → 13DL移行

漫画バンク(漫画BANK)が閉鎖した原因

2019年に開設した漫画バンクは、調査によっては、2021年2月13日と2021年6月29日にサイトにアクセスできなくなって、2022年11月4日についに閉鎖されました。その理由は、集英社・KADOKAWA・講談社・小学館ら大手出版社4社が法的措置を進めるため漫画バンクの運営者に情報開示要請を行ったからです。運営者が逮捕されないように閉鎖したと思われます。

後継サイトの現状

後継サイトその①―Combay(漫画ベイ)(2021年11月9日~11月21日)

漫画バンク(漫画BANK)が閉鎖された5日後に現れたのはCombay(漫画ベイ)です。漫画バンクにアクセスすると直接Combayのサイトに移行され、しかも見た目もそっくりなため、漫画バンクの後継サイトに間違いなしと思われます。しかし、11月21日に、運営者の特定を危惧するか、サイトが閉鎖されています。

後継サイトその②―Fbay(エフベイ)(2021年12月7日~2022年1月23日)

Combay(漫画ベイ)が閉鎖され後、新たに復活したのがFbay(エフベイ)です。つまり、FbayはCombayの後継サイトです。なぜかというと、Combayのサイトにアクセスすると、Fbayの画面にリダイレクトされるようになったからです。

1か月以上も運営が続いたFbayは、漫画バンクと同様に、著作権侵害による出版社からの提訴があったからです。

後継サイトその③―漫画PLAY(2022年1月23日~3月14日)

Fbay(エフベイ)の代わりに開設した後継サイト漫画PLAYは、これまでのサイトとは違って、サイト内には広告はありません。海賊版サイトの利益元と考える広告がないことは、利用者にとっては快適と考えられますけど、「フィッシング詐欺」、「個人情報流出」などのリスクが存在するため、勘違いしている方は多いかと思います。3月14日に漫画PLAYは2CCに転生し生まれ変わりました。

後継サイトその④―2CC(2022年3月14日~3月18日)

わずか数日間存在した2CCは実は漫画PLAYが閉鎖される前に開設されており、サイトにアクセスできたりできなかったりを繰り返し、3月18日に閉鎖し、「13DL」に移行しました。

後継サイトその⑤―13DL

13DLは以前から存在していて、漫画PLAYや2CCのサイトにアクセスすると、13DLのサイトにリダイレクトされます。これまでの後継サイトとは違い、13DLの作品を見るにはファイルをダウンロードしないと読めないサイトです。無断でアップロードされた漫画を、違法なものと知った上でダウロードする行為は犯罪となるため、現在も運営されいますが、13DLのご利用は絶対にやめましょう。

漫画バンク(漫画BANK)に似ている海賊版サイト一覧

上に紹介した漫画バンクの後継サイトのように、無断に漫画をアップロードしている海賊版サイトはほかにもいくつがあります。現在に運営しているサイトもありますが、いずれも違法サイトなのでご利用は絶対にやめましょう。

サイト

現状

漫画村(まんが村)

閉鎖

新漫画村(新まんが村)

閉鎖

漫画タウン

閉鎖

星のロミ

閉鎖

漫画ロウ(漫画raw・Manga Raw)

閉鎖

Manga ZIP

運営中

Rawkuma

運営中

漫画バンク(漫画BANK)に似ているサイトを使ったら危険!

ダウンロードする行為は違法

無断でアップロードされた漫画を海賊版であるものと知った上でダウンロードする行為は犯罪となります。いまだに運営されている海賊版サイトの多くは、ファイルをダウンロードしなければ読めないサイトなので、軽率にダウンロードしてしまうと、罪に問われるおそれがあるため、ご利用はしないでください。

個人情報が漏れてしまう

漫画バンク(漫画BANK)に似ている海賊版サイトを利用すると、個人情報が漏れてしまうリスクが潜んでいます。なぜかというと、こういうようなサイト基本的には広告利益を目的なので、ユーザーに対して「会員登録するとお得になる」というよう文言で「名前」「メールアドレス」「住所」「電話番号」などで登録するように勧めます。

会員登録すると、「ダウンロードする時間が短くなる」「広告が表示されなくなる」など使い勝手がよくなる場合が多いですが、これは危険な行為です。うっかりしてしまうと、運営者側に個人情報が流れてしまうからです。また、クレジットカード情報、銀行口座情報、SNSのアカウント情報、アカウントのパスワードのような情報が盗まれるケースもあります。

ウイルス感染でデバイスが故障する

漫画バンク(漫画BANK)に似ている海賊版サイトは広告収入の増加によるアクセスを増やすために運営しているほか、利用者のデバイスをウイルスに感染させるのも主な目的な一つです。

ユーザーがサイト内の内容をクリックするだけで、使っている端末が埋め込まれたウイルスに感染してしまうケースがよくあります。ウイルスに感染しまうと、端末内のデータが壊れてしまうとか、端末自体が重くなって動けなくなるとか、個人情報が盗まれてしまうとかのような被害をもたらします。無料で漫画読めると考えて使っていたはずが、かえって金銭トラブルに見舞われてしまては元も子もありませんから、海賊版サイトのご利用はやめましょう。

漫画バンク(漫画BANK)の代わりサイト【合法】

漫画バンク(漫画BANK)のような海賊版サイトを利用すると、さまざまなトラブルに巻き込まれる危険性があります。なので、安心安全な公式サイトを利用しましょう。無料で読むチャンスもありますから、ぜひ使って見てください。

今回は「会員登録なし・基本無料」で漫画を楽しめる優良なアプリ5選をご紹介いたします。

無料漫画3,000冊以上読み放題!まんが王国

漫画・コミックを読むなら国内最大級サイトのまんが王国!

最大のポイントとしては、漫画・電子コミックなど合計3000作以上のマンガが無料で読み放題できるところです。しかも、ポイントの還元もお得で、毎日最大50%の還元です。ジャンルが豊富で、BL、TL、少女漫画、少年漫画などもあります。さらに、登録不要・アプリ不要ですぐに読めるます。お得感が一番いいので、ぜひお使ってみてください。

月額料金:330円(税込)〜

コンテンツ数:漫画を専門に20万冊以上、無料漫画3,000冊以上

アクセスならここからまんが王国!

見るのも読むのも一つ!U-NEXT

31日間無料トライアルが提供している動画配信サービスU-NEXTは、実は無料漫画の配信もされています。U-NEXTの漫画は無料読み放題ではないですが、ほかのサービスを利用してお得に読めますから、ぜひ使って見ってください。

「人気作品のセールが頻繁に行われておりますので、1~3巻までの漫画なら無料で読めます」

「無料トライアルの登録で、600円分のポイントがもらえる。まらったポイントを使えば、毎月1~2冊は追加料金なしで読めます。」

 また、無料トライアル中に解約してもお金はらないです。映画なども無料で楽しめるので、とりあえず試してみてください。

月額料金:2,189円(税込)

コンテンツ数:約22万本、無料漫画5,000冊以上

アクセスならここからU-NEXT

マンガ+配信中のアニメも一緒に楽しめる!FODプレミアム

FODプレミアムはU-NEXTと同じような動画配信サービスで、フジテレビが運営しています。漫画や配信中のアニメも一緒に楽しみたいなら、FODプレミアムのご利用をお勧めいたします。

FODプレミアムでは、有料の漫画だけでなく、無料で読める漫画が多数あるといわれていますが、完全に無料とは言えないです。

それでは、無料でFODプレミアムの漫画を読む方法を紹介します。

「無料トライアル中にもらえるポイントを使って無料漫画を購入します」

「ジャンルごとに期間限定で無料で読める立ち読み作品を読みます」

月額料金:976円(税込)

コンテンツ数:約20,000本

アクセスならここからFODプレミアム

国内最大級の漫画アプリ マンガBANG!

 

合計2700万ダウンロード数を突破したヒット無料漫画アプリマンガBANG(マンガバン)は株式会社Amaziaが運営する公式の漫画アプリで、安心して利用できるサービスです。特徴としては青年誌やマガジン系、チャンピオン系に強いところです。総作品数は10万冊以上、無料作品数1,000冊以上あり、人気漫画が毎日8話無料で読めるので漫画バンク(漫画BANK)のかわりサイトを探している方は必携アプリです!

料金形態 基本無料・都度課金

公式サイト マンガBANG(マンガバン)

異世界マンガや名作漫画、人気マンガの漫画アプリ マンガUP!

大人気異世界系や悪役令嬢系の作品、「月刊少年ガンガン」や「ヤングガンガン」「月刊ガンガンJOKER」などのようなスクウェア・エニックスのオリジナル作品を楽しめるマンガUP!は株式会社スクウェア・エニックスが運営しているヒット漫画アプリです。

異世界系作品が豊富で、一度読んだ作品は72時間まで無料で読み返せる点が大きな特徴です。アプリを初回ダウンロードすることで25話分のマンガポイントがgetできるというキャンペンが9月現時点で実施しているから、漫画を無料で読みたい方はぜひ活用してください。

料金形態 基本無料・都度課金

公式サイト マンガUP!

出版社系漫画サービスユーザー数No.1(ワン)の王道マンガアプリ! マンガワン

既にダウンロード数が2700万を超える王道漫画アプリマンガワンは小学館が運営している漫画アプリで、安心安全の利用ができます。オリジナル作品数は80作品以上もあり、常に150作品以上の作品が無料で読めます。初回ダウンロードする場合は最大50話分まで無料で読めるキャンペン9月現在も開催しています。毎日8話分までの漫画も無料で読めるので、メデイア化されている作品からオリジナル作品までジャンルも豊富で、ぜひこの機会を利用して使ってみてください。

料金形態 基本無料・都度課金

公式サイト マンガワン

ストリーミング配信動画をダウンロードできるソフトは?

最近、藤本タツキによる日本の漫画作品「チェンソーマン」がアニメ化され、各動画サービスにて配信されています。テレビ東京他にて放送開始 25:00よりPrime Videoにて最速配信 !TVアニメ「チェンソーマン」もFOD・U-NEXT・dアニメストア・NETFLIX・huluなどの動画配信サービスにて配信!

外国人「チェンソーマン最新PV&OPが解禁!!週替わりEDや追加キャストも!!」(海外の反応) | 世界のジャンプ速報

FOD・U-NEXTのようなストリーミング配信+漫画・雑誌読み放題のサービスに入会した方は、ストリーミング配信動画をオフラインでも動画を視聴できるダウンロードソフトの【KeepStreamsダウンローダー】をオススメします。

KeepStreamsダウンローダーはAmazonプライム・NETFLIX・hulu・FOD・u-nextなどの数々のストリーミング配信サービスから動画をダウンロードできるプログラムです。480p、720p、1080p、4kまでの動画を保存でき、オフラインでも最高画質の動画を楽しめます。

具体的には、

Amazon プライムビデオからDRMを解除して動画をダウンロードする方法は?

TELASAから動画をダウンロードできますか?

【徹底解説】NHKプラスから動画をパソコンでダウンロード・変換する方法は?

まとめ

2021年11月に漫画バンク(漫画BANK)が閉鎖され、7月19日NHK『クローズアップ現代』では運営者の追跡調査に半年間密着した特集が放送され、「漫画BANK」を運営していた人物が中国で摘発されたことが分かりました。

漫画バンク(漫画BANK)のかわりの後継サイトは未だに消えては復活するといった流れで存在しています。また漫画バンク(漫画BANK)のような海賊版サイトは年々増えている中、様々なリスクが潜んでいます。違法なものを知った上でダウンロードすると罪に問われる可能性、会員登録に進められて個人情報が盗まれる恐れ、サイト内のリンクをクリックするだけでウイルスに感染してデバイスが故障してしまうなどのような危険性があるから、このようなサイトのご利用は絶対しないでください。

「マンガBANG!」「マンガUP!」「マンガワン」のような安心サービスを提供する漫画アプリは活用方法によって無料で多数の漫画が読めるチャンスがあるから、ご利用のほうはオススメです。

Jessie Smith
KeepStreamsが何を節約できるかに興味がある場合は、映画がその最高の機能の1つとして最初に来る必要があります。

KeepStreamsはほとんどのOTTプラットフォームと映画ストリーミングサービスをサポートし、ブランド体験の整合性を維持するための優れたサービスを提供します。

ソーシャルメディア・マーケティングの最大のトレンドを把握しましょう
申し込む